ロイロノートを使った「職業」の授業〜はたらくとは?を考えよう〜

実践年度

2022年度

学校の種類

特別支援学校

対象の子ども

高校生

対象の子どもが在籍している学級・学校の障害の種類

肢体不自由

実践において対象とした子どもの困難さ

  • 学習(計算、推論、学習の補助等)すること
  • 手順・順序を理解すること

内容

記憶をとどめておくこと、考えをまとめる力、中心に置くべく事の見極めが弱い生徒に対して、生徒自身が気づき理解を深めさせるために、見て分かり、記録が残り、操作してまとめることが可能なツールである、「ロイロノート」を用いた。支援内容として次の機能・ツールを使用した。シンキングツールや色分けなど、構造化して見て分かるようにしたこと。カードを自分で操作し、見比べたり、分類したり、まとめたりして、自分自身で気づきまとめができるようにしたことである。 生徒は、分類しまとめた部分を見て、ラベルを考えることで、自分自身で「気づく」ことができ、理解を深めることができた。 (稲田 健実)

関連研修会・関連情報

タイトルとURLをコピーしました