日常的な調べ学習のための手書き&音声入力機能の活用

実践年度

2022年度

学校の種類

特別支援学級

対象の子ども

小学生

対象の子どもが在籍している学級・学校の障害の種類

知的障害

実践において対象とした子どもの困難さ

落ち着くこと・集中すること

内容

対象の児童は、自分が気になる事象がある時、気になる事象を調べないと落ち着くことが難しい。1人1台端末が導入される以前は、百科事典などの本で調べていたが、なかなか自分の知りたい事象に辿り着くことができず、本来の自分の学習に遅れが出るなど支障をきたしていた。また、キーボード入力をするスキルがない児童であった。自分の気になる事象を調べて納得すると、すぐに落ち着きを取り戻し、自分の本来の学習に戻ることができることから、1人1台端末を使って、自力で気になる事象を調べるスキルを身に付けさせるために、児童が習得できると考えた手書きや音声で文字を入力するスキルを身に付けさせ、自力で文字を入力し検索して調べるスキルを習得させた。自力で文字を入力し検索して、自分が気になる事象を調べるスキルを習得したことにより、落ち着くことができるようになった。なお、気になる事象を調べ終えたら、本来の自分の課題に取り組むことを約束し、学習に支障の出ない様にした。 (大橋 剛)

関連研修会・関連情報

タイトルとURLをコピーしました