Kahoot!を使った効果的な授業の振り返り(間違ったら答えを書き直そうとする生徒に対して)

実践年度

2022年度

学校の種類

特別支援学校

対象の子ども

高校生

対象の子どもが在籍している学級・学校の障害の種類

知的障害

実践において対象とした子どもの困難さ

  • 落ち着くこと・集中すること
  • 学習(計算、推論、学習の補助等)すること

内容

間違ったら答えを書き直そうとしてしまう生徒に対して、生徒自身が正確に授業の振り返りをするために、回答した後に修正ができない、オンラインのクイズアプリで授業の振り返りを行った。 従来だと間違えると無理やり自分の回答を書き直すことがあったが、このアプリを使うことで、そのようなことができなくなった。そのため、問題に対しての真剣度が向上し、しっかり話を聞いて取り組むことが増えてきた。 (小林 義安)

関連研修会・関連情報

タイトルとURLをコピーしました